ケーテ コルヴィッツ


坊や春が来た


2021. 4. 22 - 2022. 3. 7



第3展示室 


「苦しむ魂の叫びに耳を傾け、時代を慰める希望のメッセージ」 


ケーテ コルヴィッツの展示 「坊や、春がきた」は、展示場1階の<君と私が作った世界>と連携して、前世代作家の作品展示を通じて時代を感じる「共感」のメッセージを伝えます。彼女の視線に沿って時代を超越した人類愛とお互いの強い共感を呼び起こすような展示に招待します。今回の展示「坊や 、春がきた」は、版画32点と彫刻1点、合計33点の作品を披露します。




Artists

1867年東プロイセンのケーニヒスベルクで5番目に生まれたけコルヴィッツ は比較的自由な家風の中で育った。銅板彫刻家ルドルフマウラーに最初の美術教育を受けたけコルビチュはかつて16歳から船員、農奴などの労働者層に注目した。ケーテ コルヴィッツは1893年に初演されたゲアハルト・ハウプトマンの演劇「機織りたち」を見て、大きなインスピレーションを受け、1893年から1897年までの6点の<織りボール蜂起>連作を開始した。これは下層民として苦しむ労働者の闘志を表現したものの後、1903年から1908年までに作業した<農民戦争>にまで続いた。農民の劣悪で悲惨な生活の様子を目撃しヴィルヘルムツィマーマンの「大農民戦争史開設」にインスピレーションを受けて<農民戦争>、<すき引く人々>などの連作を開始した。第1次世界大戦が勃発した1914年けコルヴィッツの次男ペーターが戦争に対応しており入隊した後、10月22日、18歳の若い年齢で死亡した。これをきっかけに、彼女の人生は、絶望と悲痛の沼に陥るされ、再び作業を開始するまでに長い悲しみの中沈潜した。以後1922年から1923年まで<戦争>、<死>連作を続けいき戦争の傷痕による苦痛と絶望を表現する、反転と平和を叫ぶ作業を進行した。憎悪と不平等、抑圧と不条理に対抗し、平和反戦の長い叫びにもかかわらず、1945年の第二次世界大戦が終結する2週間前コルヴィッツは素晴らしい死亡することになる。


Concept

代表連作やテーマにより、[長い独白]、[世の中に渡す慰 ]、 

【銃刀の破局]、[死との遭遇]、[抑圧の中の叫び ]などの5つのパートで構成。






Part 1. 長い独白


「自分自身を隠さないでください。あなた自身になりなさい。

そしてあなた自身の本質を見つけなさい。」


- 1917年2月18日 ケーテ コルヴィッツ日記 - より







Part 2. 世の中に渡す慰


「私の人生で大切な三つは、子供たちと私の人生の充実したパートナーと私に仕事があるということだ」 


1926年1月にリゼン山脈を旅して、息子ハンスに送った手紙の中で






Part 3. 銃刀の破局 


「君は '必ず帰って来る' と言っていた。君のベッドの上にいた枯れ葉を収め、君 の遺品を布で覆た。白い布の上に白いバーチが置かれていたんだ。君のベッドの隣で... 坊や 、春が来た。」


- 1915年4月11日 ケーテ コルヴィッツ日記 - より






Part 4. 死との遭遇 


私は物理的な苦痛そして剥奪と共に人間の悲しみが

生活の法則に依存するという事実を経験しました。

別れと死は一人一人の生活を伴っています。」 


- 友達ベーアー・ボヌス ユプへの手紙の中で -






Part 5. 抑圧の中の叫び 


「人は他人の魂を知ることはできない。

ただつらい労働者たちだけが他人を理解する。

互いに並んで縛られ、荒い息をする人々だけが」


- 1915年8月28日 ケーテ コルヴィッツ日記 - より