君と私が作った世界

The World We Made


2021. 4. 22 - 2022. 3. 7



第1展示室 

第2展示室 

Mezzanine


<君と私が作った世界>は、国内だけでなく、世界的に多くの人互いに敵対させて混乱を引き起こす嫌悪と憎悪の表現量産の姿に注目したい、過去の実際の状況を収集し、芸術家たちの視覚解説を一堂に集めた展示として「 Another Point of View(別の観点)」を提示する。 憎悪は性別、年齢、国籍、宗教、障害、皮膚の色、外観、性的指向を含む身体的、文化的特徴のために、社会的弱者と少数者への忌避、恐怖、不快感、軽蔑などを網羅極端で非理性的な感情である。嫌悪の表現は、それを噴出する行為である。それは個人の好みや表現の自由に認められるものではなく、他者に被害を加える犯罪であることは明らかである。しかし、立場や状況に応じて加害者は瞬く間に被害者であり、被害者は加害者に変わることもできる。傍観者はまた、加害者と被害者に同時に、非常にあいまいな倫理的境界線に置かれることもある。嫌悪の結果は、被害者の心理的な傷から憎悪犯罪、テロ、集団虐殺までつながる可能性があります。そして、その悲劇的な弊害は古くから国境と時代の区別なく続いている。


参加作家